Home / Học tiếng Nhật

Học tiếng Nhật

Học tiếng Nhật, Study Japanese

Download しごとの日本語 IT業務編 Ebook + CD

しごとの日本語 IT業務編 Giáo trình tiếng Nhật chuyên ngành Công nghệ thông tin 内容紹介 近年の目覚しい情報技術の発展に伴い、ITエンジニアたちが国境を越えて活躍しています。日本も例外ではなく、国内のIT企業や国外の日系企業などさまざまな場で、外国人と日本人が一緒に働く機会が増えています。 こうした状況の中、問題になるのが言葉の壁。ITに関する専門的な知識や技術があっても、日本語で伝えられずもどかしい……そんな外国人エンジニアの声を聞き誕生したのが『しごとの日本語 IT業務編』です。 主な対象レベルは日本語学習の中級程度ですが、少なくとも初級前半を終えており、動詞の活用など初歩的な事柄をマスターしていれば、総合テキストと平行してご使用いただけます。 Giáo trình tiếng Nhật nghiệp vụ IT – しごとの日本語 IT業務編 được biên soạn công phu dành cho những kỹ sư IT muốn học tiếng Nhật chuyên ngành để làm việc ở công ty …

Read More »

Download Japanese for All Occasions

Japanese for All Occasions: The Right Word at the Right Time (Anne Kaneko, Sally Motomura) At last. A book of useful Japanese, offering the language you need to handle a wide variety of situations. Through hundreds of example sentences and dialogues, you’ll learn what to say and do when: Setting …

Read More »

Download いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ) PDF

いちねんせいのがっこうたんけん (大型ガイド絵本シリーズ) 内容(「BOOK」データベースより) 4がつになりました。しゅんちゃんは、1ねんせい。ランドセルせおって、げんきにがっこうです。きょうは、2ねんせいのおにいさん、おねえさんと、がっこうたんけんをするんだって。がっこうにはなにがあるのかな?どんなきょうしつがあるのかな?さあ、がっこうたんけんのはじまり、はじまり。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) おか/しゅうぞう 丘修三。1941年、熊本県に生まれる。東京学芸大学および東京教育大学で、障害児教育を学ぶ。養護学校教諭を経て、作家活動に入る。『ぼくのお姉さん』で日本児童文学者協会新人賞・新美南吉児童文学賞・坪田譲治文学賞受賞。『少年の日々』(共に偕成社)で小学館文学賞受賞。『口で歩く』(小峰書店)で産経児童出版文化賞(ニッポン放送賞)受賞 ふじた/ひおこ 藤田ひおこ。1949年、香川県に生まれる。日本児童出版美術家連盟会員。絵本や児童書のさし絵で、いきいきとした子どもや動物を描き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) (オリジナルを買う余裕があれば) Download Ebook PDF: click here

Read More »

Download 10分で読めるお話 二年生 PDF

10分で読めるお話 二年生 内容紹介 小学校2年生にぜひ読んでほしい日本と世界の名作や古典、楽しいお話など一流の執筆者の優れた作品を10作品と詩2編掲載。学年別に細かな配慮のもと、2年生にぴったりの、2年生のための作品ラインナップ。朝の10分間読書にも最適です。 短編読み物集では、読者からの支持率NO.1。 白地の表紙が目印の、学研の「10分で読める」シリーズ! シリーズ累計220万部の実績! 【シリーズの特長】 ・対象学年がわかるので選びやすい。 ・進級、進学のプレゼントに最適。 ・短編集なので、1話をすぐに読める、どんどん読める、飽きずに読める。 ・特に「本嫌いのお子さん」から、“本が好きになった”“1冊全部はじめて読めた”などの喜びの声多数。 ・1冊のなかに、バラエティに富んだ内容で8~13作品載っているので、「読書の幅」を広げられる。 ・短い話を集中して読むことで、「集中力」「読解力」がつく。 ・学校での「朝の読書」の時間に、「音読」の宿題、短い時間での「読み聞かせ」、家族で読む「家読(うちどく)」、祖父母の「朗読」などいろいろと活用できる。 ・文字を覚えたての入学前、1年生のお子さんが「一人で読む」本として最適。 (オリジナルを買う余裕があれば) Download : click here

Read More »